ホーム お知らせ 東松島とは HOPEとは 活動報告 お問い合わせ

役員改選のお知らせ

2018年05月28日(月)

平成30年5月25日開催の当法人定時社員総会において、役員の改選がありましたのでお知らせいたします。

 

役員改選のお知らせ(平成30年5月28日)

IoTサービス創出支援事業

2018年05月28日(月)

平成27年度補正、総務省IoTサービス創出支援事業にて策定したガイドラインを掲載します。

 

 

海上で運用するスマートブイで安定的な通信を実現するためのガイドライン

 

 

漁獲量予測に必要なデータの取り扱いに関するガイドライン

「インドネシア バンダ・アチェ市より市長ご一行が東松島を訪問」

2018年05月15日(火)

東松島市は、2004年のスマトラ沖大地震・インド洋津波を通じて被災した共通の経験を持つインドネシアのバンダ・アチェ市と「相互復興」の取り組みを2011年より進めています。
4月、この取り組みの一環で、バンダ・アチェ市よりアミヌラ・ウスマン市長をはじめとする7名が東松島を訪問しました。これまでに東松島からバンダ・アチェに渡航したことのある市役所職員、漁業事業者、住民代表のみなさんを中心に、宮戸・野蒜エリアの被災・復興状況、牡蠣養殖やゴミの分別・集積、防災備蓄倉庫などのそれぞれの活動現場を案内してもらいました。渥美市長表敬では、2014年に両市間で結ばれた連携覚書に基づき、今後も相互復興の協力関係を継続していく強い意思が確認されました。

2016年冬に住民代表としてバンダ・アチェに渡航した山縣さんに、野蒜での被災、野蒜ケ丘への高台移転についての経験共有をしていただきました。

2016年冬に住民代表としてバンダ・アチェに渡航した山縣さんに、野蒜での被災、野蒜ケ丘への高台移転についての経験共有をしていただきました。

昨年秋、バンダ・アチェで牡蠣養殖の技術指導をしていただいた木村さんと。市長さんは、「ぜひ東名の技術を学んでバンダ・アチェでも本格的な牡蠣養殖を定着させたい」と意気込んでおられました!

昨年秋、バンダ・アチェで牡蠣養殖の技術指導をしていただいた木村さんと。市長さんは、「ぜひ東名の技術を学んでバンダ・アチェでも本格的な牡蠣養殖を定着させたい」と意気込んでおられました!

子どもたちといっしょに野蒜ケ丘を歩いてみませんか? ウォーキングイベント『はてぃはてぃじゃらん2018春』開催

2018年05月01日(火)

「はてぃはてぃ」(Hati-Hati)はインドネシア語で「気をつけて」の意味。「じゃらん」(Jalan)は、「道」や「行く」という意味です。「はてぃはてぃじゃらん」は、野蒜ケ丘をみんなで楽しく歩きながら、これからの安心・安全なまちづくりにつなげていくことを目指した住民主体のウォーキングイベントです。今回で3回目の開催となります。

今回は、宮野森小学校4年生のみなさんと一緒に「復興の森」の中を歩きます。ウォーキング後には、野蒜市民センターでの屋内レクリエーションを企画しています。
参加無料です。お申し込みのうえ、ふるってご参加ください!

■開催日時
2018年5月30日(水)9:00~12:30(8:30より野蒜市民センターにて受付)
■参加申込方法
 申込先:野蒜市民センターへお電話(0225-88-2056)もしくは直接お申込みください
 申込内容:お名前と電話番号(参加者全員分)
 申込締切:5月18日(金) 先着順で定員30名に達し次第締め切らせていただきます

主催:東松島みらいとし機構(HOPE)、共催:野蒜まちづくり協議会(野蒜市民センター)

ホーム    お知らせ    東松島市とは    HOPEとは    活動報告    お問い合わせ    プライバシーポリシー