東松島みらいとし機構は被災地、東松島市からイノベーションを起こす中間支援組織として活動しています。

ホーム お知らせ 東松島とは HOPEとは 活動報告 お問い合わせ

防災ウォーキングイベント『はてぃ・はてぃ・じゃらん2017春」 5月31日開催

2017年05月12日(金)

一般社団法人 東松島みらいとし機構は、野蒜まちづくり協議会(野蒜市民センター)との共催で、5月31日の「チャレンジデー」連動のウォーキングイベント『はてぃ・はてぃ・じゃらん2017春」を開催します。

はてぃ・はてぃ(Hati-Hati)はインドネシア語で「気をつけて」の意味。じゃらん(Jalan)は、「道」や「行く」という意味です。「はてぃ・はてぃ・じゃらん」は、野蒜地区住民のみなさんを中心に、集団移転先となった「新しい」野蒜地区をみんなで楽しく歩きながら、身の周りの環境を改めて知り、これからの安心・安全なまちづくりにつなげていくことを目指した住民主体のウォーキングイベントです。

このイベントは、東松島市とインドネシア共和国バンダ・アチェ市との間の「相互復興」の取り組みのなかで企画されたものです。東松島市は、2013年以降、バンダ・アチェ市からのべ50名を超える行政官や漁師、コミュニティリーダー等のみなさんの訪問を受け入れ、また、東松島市からものべ38名の市役所職員、民間事業従事者、住民代表等のみなさんをバンダ・アチェ市へ派遣してきました。このような人材交流のなかで、両市は、お互いのまちの「復興」や「強靭かつ持続可能なまちづくり」の経験・知見を共有し、「学び合い」を続けてきました。

今回のウォーキングイベントは、2016年11月~12月にかけてコミュニティ防災に関する相互学習のためにバンダ・アチェ市へ渡航した東松島市の住民代表の方(渡航内容については別添2ご参照)の「渡航後アクション」として企画・実施されるものであり、現地で伝わる津波にまつわる童謡など、バンダ・アチェ市での学びを活かした防災要素をたくさん盛り込んでおります。

東松島市とバンダ・アチェ市の4年以上にわたる「相互復興」の絆から生まれた住民主導のコミュニティ防災強化への取り組みへの皆さまのご参加をお待ちしております!
イベントの詳細は、パンフレットをご覧ください。

パンフレット裏面

パンフレット表面

【イベント情報】

2017年05月10日(水)

~いっしょに東松島市の「今」を感じてみませんか?~

来る5月24日(水)「東松島 復興スタディツアー」を実施いたします!
防災集団移転先のひとつである【野蒜ケ丘】をはじめとした、復興が進む市内各所を見学しながら、東松島市の魅力を体験する内容となっています(^^♪
締め切りは5月17日(水)、先着順での受付となっていますので
お申込み・お問い合わせはHOPEまで、お気軽にご連絡ください(#^^#)

Tel:0225-98-7311(平日9:00~17:00)
Mail:info@hm-hope.org

↓詳細は下記チラシをご覧ください↓

チラシ

ホーム    お知らせ    東松島市とは    HOPEとは    活動報告    お問い合わせ    プライバシーポリシー