東松島みらいとし機構は被災地、東松島市からイノベーションを起こす中間支援組織として活動しています。

ホーム お知らせ 東松島とは HOPEとは 活動報告 お問い合わせ

スマートブイを用いたスマート漁業実証実験を開始 ~新しい効率的な漁業モデルの実証に向けて~

2016年10月18日(火)

一般社団法人東松島みらいとし機構(以下、HOPE)と株式会社KDDI総合研究所(以下、KDDI総合研究所)は、2016年10月18日より、宮城県石巻湾漁場で、定置網漁業の効率化を目指し、各種センサ、カメラ、通信機能などを搭載したスマートブイを用いてスマート漁業実証実験を開始します。

本実験では、HOPE、KDDI総合研究所、大野電子開発株式会社が共同で設計・開発したスマートブイを海上に設置し、その長期運用性やスマートブイから得られるデータの有用性を評価するとともに、大友水産株式会社(以下、大友水産)が出航時に、公立大学法人岩手県立大が開発した漁業データ入力アプリを用いて漁獲量の予測・実績などを記録します。収集したデータは、スマートフォン・タブレット・PCなどから閲覧できます。

実験期間中は、KDDI総合研究所にて、スマートブイの運用状況の監視を行い、電池持ち、センサの劣化、異常検知、通信の安定性などの観点から、長期運用における課題を検証します。また、大友水産にて、漁業データ入力アプリおよびWeb上のデータ閲覧機能を利用し、アプリの有用性を検証します。

実験期間は、2016年12月上旬までを予定しており、この間に旬となるサケ漁を対象とした評価を行う予定です。本実験は、総務省・身近なIoTプロジェクト「海洋ビッグデータを活用したスマート漁業モデル事業」のスマートブイ開発の一環として実施しており、今後は、スマート漁業モデル推進コンソーシアムの参加メンバー(注1)とともに、本実験で得られたデータを用いて、漁業者の出航計画の策定、各種データの関係性の予測、産地直送小売モデルなどの検証を行っていく予定です。

 
(注1)スマート漁業モデル推進コンソーシアム参加メンバー
一般社団法人東松島みらいとし機構 (本部:宮城県東松島市、理事長:大滝精一)
宮城県東松島市(市長:阿部秀保)
東北大学大学院 農業研究科(本部:宮城県仙台市、総長:里見進)
公立大学法人岩手県立大学(本部:岩手県滝沢市、学長:鈴木厚人)
早稲田大学 グリーン・コンピューティング・システム研究機構(本部:東京都新宿区、機構長:松島裕一)
株式会社KDDI総合研究所 (本社:埼玉県ふじみ野市、代表取締役所長:中島康之)
大友水産株式会社(本社:宮城県東松島市、代表取締役社長:大友久義)
大野電子開発株式会社(本社:宮城県東松島市、代表取締役:大野晃)

本件に関するお問合せ先
一般社団法人東松島みらいとし機構
E-mail:info@hm-hope.org
株式会社KDDI総合研究所 営業・広報部
E-mail:inquiry@kddi-research.jp

メモリアルベンチ事業 参加者募集中

2016年10月15日(土)

HOPEでは、東日本大震災により被災された方からの「大切な人を偲ぶメッセージ」を募集し、メモリアルベンチとして、参加者と共に製作する事業を行っています。メッセージはプレートに刻まれ、ベンチに取り付けられ、メモリアルベンチとして、市が現在整備中のメモリアルパーク(震災復興伝承館)に28年度中に設置される予定です。
 現在は、①大切な人を偲ぶメッセージの募集と、②ベンチの製作ワークショップ参加者の募集を行っています。参加希望者、問い合わせは、下記にご連絡ください。

160913_memorial-bench-image-2

ホーム    お知らせ    東松島市とは    HOPEとは    活動報告    お問い合わせ    プライバシーポリシー